google9de4aa4b527f7d2c google.com, pub-1120962938688995, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アウルボーイの日記

カシワギマサルを主人公に、武道場の建設経過を書いて来ました。

不快指数の定義

Sponsered Link

毎日がホリディ―

毎日がホリディ―に成って、2~3年なるが最近の異常な気象には、気力も萎えてしまう。

勤めている頃、業務中は猛暑の日も、気まぐれな春のべた雪にも其れなりに対応して、最善を尽くして切り抜けてきた積りだった。

しかし今、特別な仕事も無い日々の暮らしで、自信の無い自分に歯がゆい。

最近の猛暑が、昔もあったのかWeb検索してみると、現役の頃も最高気温は有ったが、現状のように長い期間続くことが少なかった。

愚かな人間の行く末

地球が温暖化に歯止めを掛けられないから、将来的には地球も宇宙ゴミのようになって消える運命の様だ。

 自業自得と言う言葉は、日本の四文字熟語だと思うが、愚かしい人間の儚さが想起出来る。これは、私のたわ言で、現状の不快な陽気を、気温と湿度で作表すると下記の表になる様です。

 面白いのは、不快と言うのは”サムサ”には無いようで、暑いことが不快で死に至る事例も数多有ります。

f:id:owlboy2:20190807164101p:plain

不快指数は、温度と湿度の関係で赤黒いエリアは要注意のデットゾーンですよ!

大昔、北海道で修業した時、結構な寒さの中で大判プリントを水洗いして事を思い出しました。人間の不快は、暑い方だけが重きを置いて居るのが気になります。

 

地球が壊れかかっているのに、人間の見栄や目先の損得に拘り、意地を張り合うサマはおとぎ話の世界に葬りたいですね!